読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&I Blog

このブログでは、今までに培ってきた技術的なことや、得意としている地図のことなどについて、幅広く取り扱っていこうと考えています。積極的に新しいことにチャレンジしたいメンバーもいるので、そのようなトピックも扱っていきたいと思います。

D&I BLOG

To mind the creative destruction

Basic認証の設定方法

技術関連

はじめに

WebサイトにBasic認証を設定する際、 .htaccess.htpasswd を1セットとして作成していたのですが、毎回「 .htaccess.htpasswdをどうやって作成していたんだっけ?」ということが頻繁に起きていたので、簡単に設定方法をまとめておきたいと思います。

.htaccess の作成方法

.htaccessを作成するのは実に簡単で、以下の書式に従い作成するだけで良いです。

本記事は、あくまでシンプルな設定方法の場合です。
「特定のIPアドレスから接続可能にする」と言ったような凝った設定にする時は、ここに示されているような、マニュアルを読んで見ると良いでしょう。

AuthUserFile /virtual/ドメイン(IPアドレス)/[.htpasswdが配置されているディレクトリ]/.htpasswd
AuthName "Input ID and Password."
AuthType Basic
require valid-user
AddType text/cache-manifest .appcache

ファイルパーミッション0644 としておきましょう。

$ chmod 0644 .htaccess

.htpasswd の作成方法

.htpasswdファイルは、以下のコマンドを用いて作成します。

$  htpasswd -c -b .htpasswd username password  

// .htpasswd : パスワードファイル
// username : Basic認証で使用したいユーザ名
// password : Basic認証で使用したいパスワード

ファイルパーミッション0644 としておきましょう。

$ chmod 0644 .htpasswd

仕上げに

生成できた .htaccess.htpasswd を、Basic認証をかけたいサイトに配置しましょう。

うまくいくと、以下のような認証画面が表示され、ユーザ名とパスワードを入力することで、そのサイトを閲覧できるようになります。 f:id:d-and-i:20160925213703p:plain