読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&I Blog

このブログでは、今までに培ってきた技術的なことや、得意としている地図のことなどについて、幅広く取り扱っていこうと考えています。積極的に新しいことにチャレンジしたいメンバーもいるので、そのようなトピックも扱っていきたいと思います。

D&I BLOG

To mind the creative destruction

macOSのSSHポート変更

はじめに

macOS(Sierra)でのSSHポートの変更方法について紹介します。

SSHポートの変更手順概要

  • リモートログイン機能を無効にする。
  • /etc/services ファイルの内容を編集する。
  • リモートログイン機能を有効にする。

リモートログイン機能を有効にする。

「システム環境設定」->「共有」->「リモートログイン」にチェックを外します。 f:id:d-and-i:20161216223123p:plain

/etc/services ファイルの内容を編集する。

最初に、/etc/servicesを変更する前に、念の為バックアップをとっておきます。

$ sudo cp -p /etc/services /etc/services_V001

つぎに、SSHで使用するポート番号を以下の様に変更します。

<変更前>

ssh         22/udp     # SSH Remote Login Protocol
ssh         22/tcp     # SSH Remote Login Protocol

<変更後>

ssh         60000/udp     # SSH Remote Login Protocol
ssh    [f:id:d-and-i:20161216223123p:plain]     60000/tcp     # SSH Remote Login Protocol

リモートログイン機能を有効にする。

「システム環境設定」->「共有」->「リモートログイン」にチェックを入れます。 f:id:d-and-i:20161216221158p:plain

さいごに

macOSでは、意外と簡単にSSHのポート番号を変更することができるんです。