読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&I Blog

このブログでは、今までに培ってきた技術的なことや、得意としている地図のことなどについて、幅広く取り扱っていこうと考えています。積極的に新しいことにチャレンジしたいメンバーもいるので、そのようなトピックも扱っていきたいと思います。

D&I BLOG

To mind the creative destruction

CentOS7でのサービス起動・停止方法

はじめに

CentOS6以前においては、httpdなどのサービスの操作などを行うコマンドとして、 /etc/init.d/httpd start/etc/init.d/httpd stop を使用していましたが、CentOS7以降はこれらのコマンドが systemctl コマンドを使用するように変更になっていたようでした。

本記事では、CentOS7以降で使用する systemctl コマンドの使い方について整理しました。

systemctlの基本的な使用方法

基本的な使用方法は、以下に示すように意外と簡単です。

  • サービスの開始

    $ systemctl start サービス名.service

  • サービスの停止

    $ systemctl stop サービス名.service

  • サービスの再起動

    $ systemctl restart サービス名.service

  • サービスの状態確認

    $ systemctl status サービス名.service

  • サービスの自動起動設定解除

    $ systemctl enable サービス名.service

  • サービスの自動起動設定解除

    $ systemctl disable サービス名.service

  • サービスの自動起動設定確認

    $ systemctl list-unit-files

なお、各コマンドの一番後ろにつけてある .service については、つけなくてもコマンドとしては正しく動作するようです。

さいごに

サービス操作については、そう頻繁に行うものではありませんが、いざ操作したいという時には、コマンドの早見表があれば便利だなと感じましたので、本ブログの記事にさせて頂きました。

このブログを読んでいただいた方に対して、少しでも役に立てたら幸いと思います。